診療のご案内|勝井整形外科|奈良県 生駒郡 斑鳩町 王寺駅 整形外科・スポーツ整形外科

診療のご案内

診療のご案内

整形外科疾患の治療

骨折、脱臼、捻挫、打撲などの外傷(スポーツ障害、交通事故、労働災害対応) をはじめ、腰痛や神経痛、肩こり、首の痛み、関節の痛み、関節リウマチによる痛みなど、日常的に起こる身体の痛みを診療します。

予防接種・特定健診

インフルエンザや肺炎球菌のワクチン接種(予約制)、
特定健診にも対応しています。

治療内容

膝の痛み

膝の痛み

変形性膝関節症は、関節にある軟骨がすり減って変形したり、骨と骨がこすれたりすることで、痛みや腫れ、炎症などが起こる病気です。日本では2530万人の患者さまがいると推計されています。男性に比べ女性に多くみられます。

これをそのままにしておくと、歩く、座る、立ち上がるといった日常の動作に支障が出はじめ、進行すると生活に制限がかかるだけでなく、介護が必要となるリスクが高まります。適切に対応すれば、痛みなどのつらい症状を和らげることができます。

治療は、痛み止めや湿布、関節をスムーズに動かす潤滑液の役割をするヒアルロン酸などの薬物療法、筋力トレーニングなどの運動療法、サポーターや中敷による装具療法、人工関節置換術などの手術療法があります。

当院では薬物療法、運動療法、装具療法を中心に治療しています。


足の痛み

足の痛み

頻度は少ないですが、変形性膝関節症と同様のことが足にも生じます。
変形性足関節症も膝と同様の治療を行います。

外反母趾は足の親指(母趾)の先が人差し指(第2趾)のほうに「くの字」に曲がり、つけ根の関節の内側の突き出したところが痛みます。

その突出部が靴に当たって炎症を起こして、
ひどくなると靴を履いていなくても痛むようになります。
外反母趾を放置しておくと扁平足になったり、
足の裏にタコ(胼胝)ができたり、巻き爪がひどくなったりします。

扁平足では内側のくるぶしの下が腫れ、痛みが生じます。
つま先立ちがしにくくなり、さらに進行すれば足が硬くなって歩行が障害されます。

当院では、外反母趾体操(足の指のグ、チョキ、パー体操)、両足の親指に輪ゴムをかけて足先を開く体操、つま先立ち運動、ストレッチ、靴選び・靴ひもの結び方の指導、外反母趾装具・アーチサポート付きの足底板による装具療法、タコや巻き爪の処置などを中心に行っていきます。


骨粗鬆症

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、骨の量(骨量)が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。日本には約1000万人以上の患者さまがいるといわれており、高齢化に伴ってその数は増加傾向にありますが、3割程度しか治療されていないのが現状です。

骨粗鬆症になっても、痛みはないのが普通です。
しかし、転ぶなどのちょっとしたはずみで骨折しやすくなります。
骨折が生じやすい部位は、せぼね(脊椎の圧迫骨折)、肩の骨(上腕骨頚部骨折)、手首の骨(橈骨遠位端骨折)、太ももの付け根の骨(大腿骨頚部骨折)などです。

骨折が生じると、その部分が痛くなり動けなくなり寝たきりの原因になります。
また、背中や腰が痛くなった後に、丸くなったり身長が縮んだりします。

健康寿命を延ばすためには、まず骨密度測定(当院では二重エネルギーエックス線吸収測定法:DEXA法を用いています)を行い、薬物療法と平行して、転倒を予防するような効果的なリハビリテーションや生活指導を行っていきます。


リハビリテーション

リハビリテーション

  • 日常生活や運動での痛みを中心とした整形外科疾患
    (腰痛や膝関節痛、肩関節痛などの慢性疼痛疾患、各種外傷など)
  • 手術後のリハビリテーション
  • 各種リハビリ機器による治療と、
    理学療法士(常勤)による運動器リハビリを行っております。

現在お悩みの方はまずは診察にてご相談下さい。全面的にサポート致します。


交通事故によるけが

交通事故によるけが

交通事故によるけがにはさまざまなものがあり、患者さまごとに状態も異なります。当院では精密検査をおこない、適切な専門治療をご提案させていただきます。レントゲン検査、エコー検査などの精密検査もおこなっております。
また、提携医療機関にて、迅速なCTやMRI検査を実施することも可能です。

丁寧な診察と精密検査によって、つらい症状の原因を適確に診断し、
適切な治療をご提案させていただきます。